Hiroshi Fujiwara – MD, Japan & Korea

Hiroshi-1500x643

Hiroshi Fujiwara – Managing Director, Japan & Korea

Hiroshi Fujiwara was born in Ehime, Japan in 1957.

After graduating from a university in 1981, he joined Japan Electron Optics Laboratory Ltd. (JEOL Ltd.) and held a variety of capacities in Japan, United States, Canada, Mexico and Venezuela in multiple business units. From 1995 to 2006, he worked for SAP Japan Co., Ltd and filled CFO (Chief Financial Officer) and COO (Chief Operating Officer). Outstanding achievements contribute SAP Japan to expand and grow into one of the leading corporations in the world-wide SAP group. In 2007, he joined Philips Electronics Japan, Ltd. and served as President and COO of Health Care, has driven the growth of the business of health care in the competitive Japanese market.

Hiroshi Fujiwara joined Kodak Japan in July 2011. Under his leadership, Kodak Japan has successfully transformed its business model and is recovering revenues and earnings. He added Kodak Korea乫s responsibility in April 2013.

He completed Executive MBA in INSEAD France where one of top business school, deepening his diverse study in business management and global business.

代表取締役社長

略歴

1957年9月9日生まれ 愛媛県出身

1981年に大学を卒業後、日本電子株式会社に入社。日本、米国、カナダ、メキシコ、ベネズエラ法人等のオペレーションに携わる。1995年から2006年までSAPジャパン株式会社において、代表取締役、COO(最高執行責任者)兼CFO(最高財務責任者)を歴任。顕著な業績拡大に貢献し、SAPジャパンをワールドワイドSAPグループにおける主要法人の一つにまで成長させた。世界でもトップクラスのビジネススクールである、フランス・INSEAD(インシアード)においてエグゼクティブMBAを修了するなど、グローバルビジネスや企業経営についての研鑚を積み、2007年から2008年まで、株式会社フィリップスエレクトロニクス ジャパンにおいてヘルスケア部門の社長兼COOを務め、競争の激しい日本市場でヘルスケアのビジネスの成長を牽引。

その後2011年7月に、コダック株式会社において常務取締役 グラフィック コミュニケーション事業部長兼コンシューマービジネス事業部長に就任。グローバル企業での COO や CFO の経験を生かし、日本市場での新たなビジョンや戦略を策定し、その達成に向けリーダーシップを発揮。

2012年2月に代表取締役社長に就任。

2013年4月にKodak Korea代表取締役社長を兼任。